日常に刺激が足りないあなたにおすすめの漫画2選

こんにちは、リトルバーニーです。

突然ですが、あなたはこう思ったことはありませんか。

別にさ、特別嫌なことがあるってわけじゃないんだけどさ、どっちかっていうと幸せなんだろうけど、こうなーんか毎日退屈なんだよね。

なるほど、なるほど。日々に刺激を求めてらっしゃる。

わかりますよ、その気持ち。

…いやいや、かといって全く新しいことを始めたいって訳じゃなくって、こう生活にスパイスを加えるというか、ね

ふむふむ。

それでは、期待にお応えしてあなたの生活に少し刺激を与えましょう。

今から紹介する2つの漫画を読んだあなたはもう元の退屈した日常には引き返せませんよ?

ヒアウィーゴー!

スポンサーリンク

巷で話題の漫画「ポプテピピック」

まずは、こちら「ポプテピピック」(通称:ポプテピ)です。

この記事の上にある画像のマスコットキャラクターのような女の子が出てくる漫画です。

「ポプテピピックって初めて知った!え、なんだろ?ほのぼの系漫画?」

…残念ながら、違います。騙されてはいけません。

そんなポプテピピック初心者の方にあらすじを説明します。

「ポプテピピック」のあらすじ

14歳の女の子“ポプ子”と“ピピ美”の4コマ漫画です。

4コマ漫画の中には、時事ネタやブラックユーモアがふんだんに含まれたギャグ漫画です。

……

………

え、以上!?

「ポプテピピック」の魅力

ポプテピピックの魅力は、(いい意味で!←これ大事!)話の内容がよくわからない点です。

ポプテピピックは、1回読んだだけでは世界観がシュールすぎてびっくりして終わってしまいます。

大切なのは先入観や固定概念をすべて捨てて、頭の中を空っぽにして、繰り返し読むことです。

そうです、息をゆっくり吸って、吐いて、、

そう、何度も読むことで、ようやくポプテピピックの世界観が理解でき……

……ませんが、中毒になったかのように読んでしまうことでしょう。

(筆者は理解しきれなかった)

そうやって筆者はポプテピピックに世界に足を踏み入れていったのです。

ちなみに筆者は、1巻の1番はじめの4コマが何気に好きで、よく真似をしていました。

4コマ漫画でサクッと読めるので、一度気軽に読んでみてはいかがでしょうか。

きっと大きな衝撃を受けること間違いなしです!

スポンサーリンク

表紙詐欺といえば「あそびあそばせ」

次に紹介するのがさらに巧妙な手口で読者を(いい意味で)騙す漫画、「あそびあそばせ」です。

一見すると「可愛い女の子が表紙の萌え系漫画かな?」と思って手に取る人もいるのではないでしょうか。

あー、それはもう完全にひっかかっています。

華子(主人公)の思う壺です。

「あそびあそばせ」のあらすじ

女子中学校に通う主人公・華子のクラスにオリビアという転校生がやってくるところから物語が始まります。

ひょんなことから、華子とオリビアと香純で“遊び人研究会(通称:あそけん)”という部活を立ち上げます。

日々、すごろくやけん玉などの“遊び”を研究しています。3人を中心に将棋部や生徒会、クラスのメンバーとの交流を通したほのぼの日常漫画となっていま、、、ん?

は、華子、なんだその顔は!!???

……うわぁぁぁぁあ。

というように、一見するとほのぼの系漫画ですが、中身はかなりハイレベルなギャグ漫画となっています。

「あそびあそばせ」の魅力

あそびあそばせの魅力は、なんと行っても華子のハイレベルな変顔でしょう。

華子ほど表情が豊かで変顔の才能を持っている女の子は見たことがありません。(褒めてる)

また、筆者は「あそびあそばせ」を何も知らずに初めて読んだときには、表紙と内容のギャップが激しすぎて、凄まじい衝撃を受けたことを覚えています。

最初はそのギャップに圧倒されますが、読み進めていくうちに登場人物のキャラの濃さがクセになります。

個人的に筆者は、先生のびっくりした顔が大好きです。

(ちょっと怖いけど、これがクセになる)

ぜひ、あなたもお気に入りの一コマを見つけてみてくださいね。

日常に刺激が足りないあなたへ送る漫画まとめ

今回は、刺激的な漫画を2つご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

これであなたの日常にも刺激が加わり、マンネリした生活から脱出すること間違いなしです!

ちなみに、この2つの漫画はどちらもアニメ化しているので、アニメを見るのもおすすめですよ。

個人的には、「あそびあそばせ」はアニメで見た方がより刺激的かもしれません。

「ポプテピピック」もアニメではいろんな声優さんが演じているので、また違った魅力を楽しめますよ。

あなたが昨日よりも刺激的な日常を過ごせることを願っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

また、見に来てくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする