渋川駿伍(ポップコーン協会会長)のプロフィールや写真画像は?起業した会社とは?経歴は?性格や人柄は?【マツコの知らない世界】

皆さんは、渋川駿伍(しぶかわしゅんご)さんをご存知ですか?

そして、“ポップコーン”と聞くと何を思い浮かべますか?

ちなみに筆者は”ポップコーン”といえば“映画館で食べるもの”というイメージが1番最初に浮かびました。

ところが、ポップコーンの魅力は映画館で味わうだけのものではないようです。

7/30(火)放送の「マツコの知らない世界」にて「ポップコーンの世界」を案内してくれるポップコーン協会会長(!?)の渋川駿伍(しぶかわしゅんご)さんのプロフィールや起業した会社、経歴、人柄・性格について迫っちゃいましょう。

ポップコーンに注目するなんて、一体どんな方なんでしょうか。

スポンサーリンク

渋川駿伍(しぶかわしゅんご)は、ポップコーン協会会長!?プロフィールや写真、画像は?

「ポップコーン協会会長って何?」と思われた方が多いと思うのですが、まずは、渋川駿伍(しぶかわしゅんご)さんのプロフィールからご紹介します。

名前:渋川 駿伍(しぶかわ しゅんご)
生年月日:1998年4月生まれ
年齢:21歳(2019年7月時点)
出身地:長野県
肩書き①:JAPOCO日本爆裂豆協会会長 会長
肩書き②:株式会社 noFRAME schools 社長

21歳(2019年7月時点)という若さで2つの組織のトップにいるなんて、すごい方ですよね。

ちなみに、爆裂豆とは日本語でポップコーンのことだそうです。

爆裂豆と聞くと、激しい印象を受けましたが、よく考えるとポップコーンってトウモロコシが爆発してできてますもんね。笑

また、渋川駿伍(しぶかわしゅんご)さんの写真がこちらになります。

「渋川駿伍」の画像検索結果

こちらの写真からは、お若いながらも、やり手の起業家という感じがしますね。

そして、表情はどこかあどけない部分もあり、そのギャップにキュンとくる方も多いのではないでしょうか。

ついつい応援したくなっちゃうような方ですね。

そして、皆さんが気になっているであろうポップコーン協会についてご紹介しますね。

まず、協会名の「JAPOCO」JAPAN POPCORN COMMUNITY (日本ポップコーン協会)の頭文からきています。なるほど!

JAPOCOは、日本、いやいや、世界唯一のポップコーンの協会です。

この協会にはミッション、使命はなく、あるのは哲学のみで、

「ポップコーンは笑顔の種であれ」

という想いが中心になっています。

???????

どういうことやねん???

…ですよね笑

JAPOCOの具体的な活動は、ポップコーン農園でとうもろこしを栽培し、ポップコーンに合う塩や油を研究します。そうして、0から最高のポップコーンを作るそうです。

他にも様々なポップコーンアクティビティ(!?)を通して、人々に笑顔を与えていきます。

ポップコーン協会を立ち上げた会長・渋川駿伍(しぶかわしゅんご)さんからは、“ポップコーンが大好き”“人を笑顔にしたい”そんな強い気持ちがひしひしと伝わってきますね!

また、今なら材料費+交通費のみでポップコーンを作りに来てくれる出張ポップコーン2019/08/22まで0円(通常15,000円)で行ってくれますよ!

期間限定のかなりお得な企画ですね!

渋川駿伍(しぶかわしゅんご)が起業した会社とは?

渋川駿伍(しぶかわしゅんご)さんが20歳の時に起業した会社は、「株式会社 noFRAME schools」(ノーフレームスクールズ)です。

会社名の通り、“教育コンテンツを持たない学校”のことです。

コンセプトが今どきというか、固定概念にとらわれない新しい発想だなと感じます。

この会社の取り組みと1つとして、LINE@学習コンシェルジュというプログラムを立ち上げています。

「Progateの次は何しよう?」と思ったら学習コンシェルジュにお任せあれ!

こちらのLINE@コンシェルジュは、主にプログラミングを学ぶ方向けに、その人の目標に合った1番最適な学びを提案して、毎日の勉強のサポートをしてくれる、LINEを利用したチャット型の学習コンシェルジュサービスになります。(ただし現在は、β版のサービスは終了しております。)

今後はこの英語、資格、受験等、学習領域も広げていくようなので、これからの展開が楽しみなサービスですね。

筆者が学生の頃に、LINE@コンシェルジュのような個人のペースに合わせた英語学習ができるサービスがあれば、今頃英語もペラペラだったのになぁ~。

スポンサーリンク

渋川駿伍(しぶかわしゅんご)の経歴は?

渋川駿伍(しぶかわしゅんご)さんは、地元長野県の高校を卒業後、1年のギャップイヤーを経験しました。

ギャップイヤーとは?
高校から大学への入学、または大学卒業から大学院進学までの期間に休学期間を得てから入学する制度。

なんとも魅力的な制度ですよね。

筆者が学生の頃にもギャップイヤーが欲しかったものです。

渋川駿伍(しぶかわしゅんご)さんは、そのギャップイヤーの中で、高校生カフェのオーナーをしたり、日本をヒッチハイクで周りながらお金を使わない実験をしたりしていました。

そして、この1年で計23個のプロジェクトを立ち上げています。

単純計算をすると、1ヶ月で1〜2個のプロジェクトを立ち上げていることになります!

ペース早すぎません!?

現在は、その経験を元に、MIT(マサチューセッツ工科大学!?)のMicroMastersというオンライン上で大学院レベルの学士課程を勉強できるプログラムを学びつつ、株式会社 noFRAME schoolsを起業しています。

かと思えば、ヒッチハイク中にポップコーンがコミュニケーションのツールとして、大きな力を持つことに惹かれます。

そして、ポップコーンについて調べれば調べるほど、ポップコーンの魅力にハマった渋川駿伍(しぶかわしゅんご)さんは、ポップコーンの魅力をよりみんなに知ってもらうために協会を設立しました。

ちょ、ちょっと待ってください!

筆者の理解が追いつかない、、笑

………

とにかく、とんでもなく行動力があるなんです!

すごすぎる!!!!

渋川駿伍(しぶかわしゅんご)の性格や人柄は?

渋川駿伍(しぶかわしゅんご)さんは、小学生の頃からパソコンを持っており、宇宙のこと(!?)など様々な情報に触れ、知識を蓄えていたようです。

かなり好奇心旺盛で、自分で主体的に何かを学ぶことが好きな方なんですね。

そして、渋川駿伍(しぶかわしゅんご)さんは、ご自身の行動指針も持っており、それは「自分がワクワクするか、そしてそれが周りのみんなにもワクワクしてもらえるか」だそうです。

しかも、この指針を持ち始めたのは高校2年生のときだったとか!?

かと思えば、ギャップイヤーを経験する中で、ふと1人になったときに、社会から切り離されている孤独感など苦悩もあったそうです。

渋川駿伍(しぶかわしゅんご)さんは、考え方がとても大人でビジネスセンスもありまくりで、私達とは全く違う方かと思えば、人間らしいというか共感できる部分も持ち合わせているんですね。

そんないろいろな面をさらけ出しているところもまた、渋川駿伍(しぶかわしゅんご)さんを応援する人が多くいる理由なんだと思います。

渋川駿伍(しぶかわしゅんご)のプロフィールや経歴、起業した会社まとめ

ここまで、渋川駿伍(しぶかわしゅんご)さんの

・ポップコーン協会会長!?プロフィールや写真、画像は?

・起業した会社とは?

・経歴は?

・性格や人柄は?

についてご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

筆者は終始驚きっぱなしでしたが、、、笑

渋川駿伍(しぶかわしゅんご)さんは、ポップコーンが大好きで、ワクワクすることをとても大切にしているパワフルな方ですね。

ポップコーン協会の会員も増え、これからもどんどん新しいサービスを生み出していってくれることが楽しみです。

これからの益々のご活躍を期待しております。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする