竹本宗一郎(ナイトカメラマン)の家族や年収は?出版した本は?映像作品は?経歴は?【情熱大陸】

皆さんは満点の星空を見たことがありますか。

実は、肉眼ではなく、映像だからこそ見ることができるとても美しい星空もあります。

そして、星空等、夜の撮影に特化したナイトカメラマンの竹本宗一郎(たけもとそういちろう)さんという方がおられます。

そんなナイトカメラマンの竹本宗一郎(たけもとそういちろう)さんが、8/25(日)放送の「情熱大陸」で、最先端の高感度カメラとともに極寒のニュージーランドでの撮影に挑まれています。

一体、どれほど美しい映像が撮れたのでしょうか。

今回は、竹本宗一郎(たけもとそういちろう)さんの家族や年収、出版した本について調べてみました!

もちろん、竹本宗一郎(たけもとそういちろう)さんが撮った映像作品や経歴も併せてご紹介します。

スポンサーリンク

竹本宗一郎(ナイトカメラマン)の家族は?

まずは、竹本宗一郎(たけもとそういちろう)さんのプロフィールからご紹介します。

「タイムラプス撮影テクニック」の画像検索結果

名前:竹本宗一郎(たけもとそういちろう)
生年月日:1968年
年齢:51歳(2019年時点)
出身地:東京都
学歴:大阪芸術大学芸術学部卒業
職業:映像作家・ナイトネイチャーカメラマン

実は、竹本宗一郎(たけもとそういちろう)さんは、日本で唯一の闇に特化したちょっと不思議なムービーカメラマンです。

竹本宗一郎(たけもとそういちろう)さんは闇に同化して安心して撮影ができるため、黒の服しか着ないというこだわりがあり、また闇の中での撮影に特化している理由としては、「肉眼で見ることができない、地球上の“もう一つの世界”がそこにあるから」だそうです。

筆者も最近、カメラの魅力に取り憑かれつつあるので、この気持ちは少しわかるような気がします。

肉眼で見るよりも写真で見たほうがとんでもなく美しい景色を捉えることができる場合もありますもんね。それがまた写真の奥深さだなぁと感じます。

それでは、気になる竹本宗一郎(たけもとそういちろう)さんのご家族についてご紹介します。

…と言いたいところなのですが、調べてみたものの、残念ながらご家族に関する情報を掴むことはできませんでした。

ご家族については、これから出演されるTVなどで明らかになるかもしれませんね。

竹本宗一郎(たけもとそういちろう)の年収は?

気になる竹本宗一郎(たけもとそういちろう)さんの年収ですが、具体的な金額等は公開されていませんでしたので、筆者なりに考察してみたいと思います。

実は、竹本宗一郎(たけもとそういちろう)さんは、「映像制作会社ZERO CORPORATION」の代表をされています。なんと!映像会社の社長さんだったのですね!!

ここで「映像制作会社ZERO CORPORATION」の会社概要について軽く説明しますね。

会社名:株式会社 ゼロ(ZERO Corporation)

所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-35-14 M403

創立年月日:平成9年8月1日

代表者:代表取締役 竹本宗一郎

資本金:1,000万円

主な業務内容:TV・CM等の企画・制作・特殊撮影、プラネタリウム番組企画・制作・シナリオ、超高画素撮影・超高感度撮影…etc.

天体や夜の撮影に特化した映像制作会社なんですね!なんだかロマンチックな感じがしてステキですね。

それでは、年収の話に戻りまして、まず一般的な映像クリエイターの平均年収を調べてみました。

映像制作会社ZERO CORPORATIONは、資本金が1,000万円ですので中小企業に当たります。中小企業の一般的な映像クリエイターの平均年収の600万円程になるので、一般の社員で年収が500万円-700万円ほどだと考えられます。

竹本宗一郎(たけもとそういちろう)さんは、代表をされているので、一般的な映像クリエイターの年収より、多いと考えられますので、年収1,000万円は超えているのではないでしょうか。

竹本宗一郎(たけもとそういちろう)の出版した本は?

竹本宗一郎(たけもとそういちろう)さんが出版されている本を2冊ご紹介しますね。

そして本をご紹介する前に、竹本宗一郎(たけもとそういちろう)さんが出版されている本を読んでいると「タイムラプス動画」というキーワードが出てきますが、一体何のことなのでしょうか。(最初、筆者は「タイムプラス」だと思っていました。)

タイムラプス動画とは?
自然風景の長時間の移り変わりの様子などを数分間の早回し映像に凝縮した動画のこと。

よくテレビで見るような早回し動画のことだったんですね!どうやって撮ってるんだろうって気になってました!

それでは、1冊目のご紹介です!

「タイムラプス撮影テクニック」の画像検索結果

タイムラプス動画 撮影テクニック:星の光跡を表現、天の川の動きを撮る(2014年発売)
タイムラプス動画で特に人気の高いジャンル「星空のタイムラプス」動画の撮影テクニックを紹介しています。
一眼レフデジタルカメラで連続撮影した静止画を動画に編集していく、タイムラプス動画制作のコツをつかむことができる1冊です。

続いて2冊目は、こちらです。

「竹本宗一郎 写真」の画像検索結果

ナイトタイムラプス撮影テクニック(2018年発売)

市販のデジタルカメラや周辺機器を使ったタイムラプス撮影テクニックや機材をわかりやすく解説しています。

今回は数あるタイムラプス動画ジャンルの中から、あえて「夜」というシチュエーションに限定し、ドラマチックな夜の静寂をムービーで表現する「ナイトタイムラプス」に注目いたしました。

初心者から中級者の方におすすめしたいステップ by ステップでできるようになるトレーニングBOOKです。

カメラ選び診断チャート&メーカー別インターバル撮影設定つき

ちなみにこちらの本は案内ムービーもあったので、ご紹介しておきますね。

玄光社MOOK「ナイトタイムラプス撮影テクニック」案内ムービー

2冊とも初心者向けに書かれているので、カメラ初心者の筆者としては、初心者に寄り添った本を出版していただき、ありがたいです。

個人的には、本の表紙の印象からナイトタイムラプス撮影テクニック(2018年発売)」に興味をそそられました。

今度本屋さんに行ったときにのぞいてみよーっと!

スポンサーリンク

竹本宗一郎(たけもとそういちろう)の撮った映像作品は?

竹本宗一郎(たけもとそういちろう)さんが撮った写真や作品を2つご紹介したいと思います。

まず、こちらは満点の星空を撮影された時のタイムラプスムービーです。

天文ガイド2017年4月号 パナソニックGH5タイムラプスムービー

思わず息をのんでしまう美しい景色が広がっていますね。癒し効果もありそうです。

続いてこちらの映像は、星空を樹のシルエットがなんとも美しい作品です。

天文ガイド2019年3月号 樹形のシルエットを活かした星空タイムラプス動画

何とも幻想的な光景が広がっていますね。こちらは南半球で撮られた映像なのだとか。

肉眼でこのような景色を眺めようと思うと時間がかかるため、なかなか難しい部分もあるかと思いますが、このような映像にしていただくと、美しい景色をぎゅぎゅっと濃縮されたものを見ることができるので、これこそ映像の醍醐味ですね。

竹本宗一郎(たけもとそういちろう)の経歴は?

竹本宗一郎(たけもとそういちろう)さんは、少年の頃、『天体観測』を口実に夜遊びをする中、偶然ホタルに遭遇したそうです。

その時から闇の奥にある“美の存在”を意識するようになったそうです。

ずいぶんと小さな頃から暗闇の中の光の美しさのとりこになっていたんですね。

その後、竹本宗一郎(たけもとそういちろう)さんは、大阪芸術大学で映像を専攻し、卒業後は最大手プラネタリウムメーカー「五藤光学研究所」に入社しました。研究所では、施設で上映する天体番組を担当されていました。

ところが、お仕事を進めていく内に人工的な星空を見つめることに虚しさを感じるようになったそうです。

そして、1997年(当時29歳頃)に独立し、夜に特化したカメラマンとして天文・宇宙・自然科学分野の各種特殊撮影分野において高評価と信頼を得ました。

現在では、NHKの宇宙番組の特殊撮影などで世界各国の夜の絶景を撮影する傍ら、スーパーバイザーとして様々なメーカーの開発部門と協働されています。

大手のプラネタリウムメーカーで働かれていたにも関わらず、29歳頃に独立されるなんて、とても勇気と才能がある方だったんですね。

独立後も様々なお仕事で活躍されており、少年の頃から意識していた闇の奥にある“美の存在”を今も追及されているお姿が素敵ですね。

竹本宗一郎(ナイトカメラマン)のプロフィールと撮った映像作品まとめ

今回は、竹本宗一郎(たけもとそういちろう)さんの

・家族は?

・年収は?

・出版した本は?

・撮った映像作品は?

・経歴は?

をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

竹本宗一郎(たけもとそういちろう)さんは、闇の奥にある“美の存在”というキーワードを胸に今まで活躍してこられた方なのだなと感じました。

これからも竹本宗一郎(たけもとそういちろう)さんの撮られるたくさんの美しいタイムラプス映像を楽しみにしています。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする